お問い合わせ

住むほどに健康になる木の家|注文住宅(富士市・富士宮市・静岡市・沼津市他)の住宅会社なら空間工房LOHAS(ロハス)へ。自然の力を上手に使うゼロエネルギー住宅や富士ひのきを活かす大工の手による高性能住宅で30年後も健康で快適に、富士山麓の未来に繋ぐ木の家|注文住宅を作り継ぎます。

富士市,富士宮市でLOHASな暮らし,注文住宅,木の家なら

富士市で注文住宅,木の家なら空間工房LOHAS

お問い合わせはフリーダイヤル0120-708-728am9:00 〜 pm5:00

今年もLOHASらしく歩んでいきます。

富士市で注文住宅木の家は空間工房LOHASあけましておめでとうございます。

今日がLOHASの仕事始めになります。

LOHASの社屋のシンボルツリーがどういうわけか、この時期に綺麗に紅葉して青空に映えていました。

さて、今年は平成が終わり、新しい元号に変わる節目の年となります。

平成はどんな時代だったか?

TV等で紹介されてるのは、昭和の終わりのバブルの崩壊があり、

そのバブル崩壊の精算をしようと模索しながら、精算しきれなかったとか。

昭和の時代にGDPが世界第2位で強かった日本経済が平成の終わりには、2位の中国の半分以下の規模になってしまったとか。

昭和の終わりに世界の中での企業の資産価値のランキングで上位に何社も日本企業がいたのが、昨年ではかろうじてトヨタが20位以内に入ったのが最高までになってしまったとか。

箱物を作って経済成長した昭和。対して、インターネット技術への転換で大きな変化の波での変換と、高齢化社会が一気に現実化してきた平成。

これから始まる、新しい元号の時代はどうなるでしょうか?

昭和の時代のような、箱物での経済成長の仕方は、これからの日本の現実には合わないように思います。

世界の最先端を行く、日本の高齢化社会。

この高齢化社会の中で、活力を生み出す形を作り上げていくことが、大事だと思います。

そして、未来への希望のある道筋を次の時代につないでいきたいです。

新年早々なので、大きな話になってしましました。

LOHASは、暮らしを支える分野で、高齢化社会でのこの富士山周辺の地域でのこれからの活力ある暮らしの在り方

を作り上げて、次の時代にいい資産を残していきたいと思っています。

それに向けて、今年は実践することをたくさん準備しました。

座右の銘の上杉鷹山の、

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も。

成らぬは人の 為さぬなりけり。

をかみしめながら、行動主体で、邁進していきたいと思います。

本年も宜しくお願い致します。

 

富士市富士宮市で住むほどに健康になる注文住宅・木の家をつくる工務店
空間工房LOHAS(ロハス)
静岡県富士市荒田島町8-16
TEL:0545-57-5571
FAX:0545-57-5576
Email:lohas@fork.ocn.ne.jp
HP:https://www.kobo-lohas.jp
R+house FUJI HP:http://rhouse-fuji.com

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top