メルマガ
〇資料請求
個別相談申し込み
相談チャット

住むほどに健康になる木の家|工務店、注文住宅(富士市・富士宮市・静岡市他)の住宅会社なら空間工房LOHAS(ロハス)へ。断熱、気密、換気が揃って効く健康省エネ住宅で老後迄快適に。

富士市の工務店,注文住宅,健康省エネ住宅は空間工房LOHAS

お問い合わせはフリーダイヤル0120-708-728am9:00 〜 pm5:00

【失敗から学ぶ】寒くない高気密高断熱の家を建てる5つのポイントを富士市の工務店が解説

ソファでくつろぐ家族

家づくりを計画する上で、夏は涼しく冬は暖かい家、が快適な生活をする上で大事なポイントではないでしょうか。
特に現在、どのハウスメーカーや工務店でも「高気密高断熱」は当たり前のキーワードであり、得意としている会社も多く存在します。
しかし、実際に高気密高断熱で建てた方の中には「思った以上に冬が寒い」などと、建てる前に説明された事と食い違うことが起きていることも事実です。

弊社のある富士市では、夏場は蒸し暑く、冬は最低平均気温2度と寒い日が長く続きます。
温暖の差が一年を通して激しい場合、人の体温機能だけで対応するのは難しく、家の性能を上げて快適な住環境をつくることが必要となります。
この記事では「建てた後に後悔しないために冬場寒くない高気密高断熱住宅をつくる」ために失敗事例から学び、どのようなポイントに気を付ければよいのかを解説します。

 

この記事を読むとわかること

・寒くない高気密高断熱住宅はどのような家なのかわかります。

・失敗事例から後悔しないためのポイントが学べます。

・寒くない高気密高断熱住宅の作り方がわかります。

 

高気密高断熱とは?

高気密高断熱とは、「気密性能と断熱性能が高いこと」であり、

・隙間が非常に少ない=高気密

・保温性能が非常に高い=高断熱

という性能のことを言います。

 

詳しくは高気密・高断熱は必要なの?メリット・デメリットを富士市の工務店が解説します。も参考にしてみてください。

 

高気密高断熱の基準とは?

住宅の気密性能を表す数値として「C値(しーち)」があり、延べ床面積(m2)当たりの隙間面積(㎠)で計算して値を出します。
かたや断熱性能を表す数値として「Ua値(ゆーえいち)」といい、こちらは地域ごとに明確に基準が定められています。

このC値とUa値の数値を一般的な指標と比較したときに、高気密か?高断熱か?と判断します。

気密性能を表すC値(しーち)とは?

前述のように、C値(㎠/㎡)とは延べ床面積(m2)当たりの隙間面積(㎠)の値を言います。
これは設計値の数値ではなく、工事現場での計測により出す数値となります。

例えば、

・延べ床面積(1階と2階を合わせた面積)が30坪(100㎡)

・隙間量が400㎠(実際にはこんなに大きな隙間はあまりないですが、、)

のC値は4(㎠/㎡)となります。

この数値が小さいほど隙間が少ない家となり、建築中の現場で行う「気密測定」をすることで明確な数値を出すことができます。
気密性能が良いとされている基準は各メーカーにより異なりますが、高気密高断熱を得意としている工務店の多くはC値0.5以下が指標として多いようです。

断熱性能を表すUa値(ゆーえいち)とは?

Ua値は地域ごとに明確な基準値が定められています。例えば弊社のある静岡県富士市は「7地域」となり、基準のUa値は0.87以下となっています。

この0.87を下回れば静岡県では高断熱と言えます。
しかし、静岡県より北に位置する北海道や東北地域ではさらに数値が低いため、同じ性能だと高断熱とは言えないのです。

C値は現場による実測値、Ua値は地域ごと定められる

このようにC値は、一棟一棟の間取りや施工技術により変わる数値であり、気密測定による実測値で出すことが唯一の方法です。
またUa値は地域ごとに基準が定められているので、建てる地域の数値を下回ることが最低条件となります。

Ua値は断熱材や玄関・サッシなどの性能で計算によって出す数値ですが、実際には工事現場の適切な施工がされていることで保証されます。
C値もUa値も最終的には現場の施工品質にかかっていると言っても過言ではないのです。

弊社では「高気密・高断熱・高断熱の家づくり」を推奨し、全棟工事途中で気密測定をして、C値0.5以下を保証しています。

 

こんなはずじゃなかった!高気密高断熱住宅の失敗事例5選

後悔している女性

C値とUa値について理解いただけたかと思います。では、実際に高気密高断熱の住宅を建てた方の「こんなはずじゃなかった」という声から、自分たちの家づくりが失敗しないように学んでいきましょう。

【失敗例①】冬寒くて暖房の効きが悪い

・高気密高断熱の家は、冬でもエアコン1台で快適に過ごせると聞いていたが、暖房をつけてもなかなか暖まらない・・・

このような状態の時は以下の3つの可能性があります。

・必要な暖房量が不足している

・断熱性能が計算通りに発揮されていない

・気密測定をしていない

実際に契約前の段階で説明を受けたことが、どのように実証されているかを確認することで防ぐことができます。また、部屋の大きさによって必要な暖房量が変わりますので、しっかりと施工された高気密高断熱住宅であれば適切な大きさのエアコンにしてあげることで解決できます。

【失敗例②】換気口から冷気がくる

・冬になると、換気口からスースーと冷たい空気がでてくるので、壁に近寄れない・・・
・24時間換気だけれど、冬は寒い空気が入ってこないように換気口を閉めている・・・

住宅の中の空気を自動的に循環させることを24時間換気と言います。
現在の家づくりでは必須の換気となっており、寒い冬場でも家の中の空気を循環させるためには開けておく必要があります。
その換気方法には以下の3つがあります。

・第1種換気システム:給排気を機械で行うシステム

・第2種換気システム:給気は機械、排気は自然換気で行うシステム

・第3種換気システム:排気を強制的に機械で行い、給気は自然に行うシステム

この中で第3種換気システムが低コストで施工がしやすいため、一般的に戸建て住宅で多く用いられている方式となっています。
しかし換気口から冷気が出てくるケースのほとんどが第3種換気システムとなっており、冬の冷えた空気が自然に室内に取り入れられるためです。
一方で、第1種換気システムの場合は第3種換気システムよりも多少コストは上がりますが、給気も排気も機械でコントロールし熱交換器も併用されていることが多いので、冷えた空気と室内の暖かい空気の熱を交換して部屋の温度が極端に下がらないようにしてくれます。

【失敗例③】説明されていた気密断熱基準より下回っていた

契約前に聞いていた気密性能と断熱性能の数値が、自分たちの家の数値と違う・・・

家づくりを検討している方は、モデルハウスや見学会でその会社の家づくりのことについて営業担当者から説明を受けるかと思います。
そこで自社の高気密高断熱住宅についての説明を受けた内容と、実際に設計段階の性能に差が生じてしまったケースです。

契約前の営業担当者は、なんとか自社で契約をしてもらいたいので「嘘ではないが、少し盛った」話をしてしまいがちです。
何も知識がないと、そのまま鵜呑みにしてしまう恐れがあるので、理路整然と根拠をしっかりと説明してもらうように注意しましょう。

【失敗例④】光熱費が高い

エアコン1台で快適に過ごすことを実現するために高気密高断熱住宅にしたのに、意外と光熱費がかかった・・・

エアコン1台=光熱費が安い、と思われている方が多いと思います。
しかし、エアコンの使い方や容量の足りていない性能のエアコンを使うことにより負荷のかかる運転になってしまい、反対に電気代がかかってしまうケースもあります。


そこで、高気密高断熱住宅の快適な住環境をつくるためにはエアコン以外にもOMソーラーという選択肢もあるのをご存知でしょうか?
太陽の熱を利用し、冬は床下から温め、夏は家中涼しい空気が循環するアイテムです。
冬だけでなく夏も一年中快適にするOMソーラーと補助的にエアコンを使うことでトータルの光熱費削減ができるので、弊社ではおすすめしているアイテムとなっています。

OMソーラーのしくみ

OMソーラーのここちよさ

OMソーラーってお得なの?

【失敗例⑤】夏場がものすごく暑い

冬だけでなく、夏も涼しく快適に過ごせるのが高気密高断熱って聞いたけど、日中はものすごく暑い、、

高気密高断熱住宅は、魔法瓶のようなもので、自然に涼しくなったり、暖かくなることではありません。
一度冷やした空気や温めた空気の温度変化を少なくする性能なので、はじめに冷やすことや温めるエネルギーは必要になります。


また、窓の大きさや数によって、直射日光が入りやすい間取りの場合は、エアコンで冷やす能力よりも直射日光で壁や床が温められ、蓄熱することが影響してしまうことがあります。
高気密高断熱住宅の能力を発揮させるためにも開口部の対策としてカーテンやすだれなどの遮蔽アイテムを効果的に使うようにしましょう。

 

後悔しないために!寒くない高気密高断熱住宅にする5つの対策

では失敗事例から学んだことを踏まえ、具体的にどのように対策をすればよいのかについて5つのポイントをご紹介いたします。

【ポイント①】C値/Ua値をしっかり数値で出しているか

具体的な数値の出し方について、しっかりと知識をつけていただいたかと思います。
その上で家づくりを検討している会社の担当者に聞いてみましょう。

会社としての推奨している数値目標や実績値、また最低限保証している数値はどのくらいですか?

このような質問に適切に回答してくれる工務店は、高気密高断熱住宅に自信のある会社でしょう。

【ポイント②】気密性能の実績値を出しているか

C値(気密性能)は施工中の現場で測定する「気密測定」にて出す数値と説明しました。
現場の測定結果がその家の実際の性能になりますので、過去に建てられた家の数値を教えてもらいましょう。
できれば測定した結果の写真や画像(数値が書いてあるもの)などを見せてもらい、平均値を知ることで事前に自分たちの家の気密性能も把握することができます。
高気密高断熱住宅を謳っておきながら、気密測定を行っていない会社は、問答無用なので必ず確認しましょう。

【ポイント③】間取りをシンプルに考える

従来の日本の家の考え方として、玄関は寒い、お風呂は寒いなど仕切ることで寒さを凌いできた経緯があります。
まだ断熱や気密について重要視していなかったときの考え方が今も言われ続けていることで、混乱を招いてしまっています。


高気密高断熱住宅は基本的に「家全体を少ないエネルギーで保温しつづけることを可能にする住宅」としてつくられています。
なので部屋単位のエアコンではなく、1つの大きなエアコンなど全体を冷暖房できる器具の方が効率よく快適に暮らすことが可能になります。
ポイントを整理すると以下のようになりますので参考にしてください。

・できるだけシンプルな間取りにする(=性能を確保するため)

・間仕切りを極力減らす(=空気の循環をよくするため)

・全館空調など1つの大きな冷暖房で管理する

【ポイント④】断熱材と窓の性能を確認する

Ua値(断熱性能)は地域ごとに基準が違うため、まずは自分たちが建てる地域がどの基準値なのかを確認しましょう。

Ua値その数値を下回る性能をつくるための断熱材や窓の性能について確認することが重要です。
(例:弊社のある静岡県は6地域に該当するため、0.87以下を推奨としている。)

断熱材にも様々な種類があり、

・繊維系断熱材(グラスウールなど)

・木質繊維断熱材(セルロースファイバーなど)

・発砲プラスチック系断熱材(ウレタンフォームなど)

などのように素材によって特徴や熱伝導率と呼ばれる「熱の伝わり方」が違うため、迷ってしまうことでしょう。

また、窓に関しても、

・アルミサッシ

・樹脂サッシ

・アルミ樹脂複合サッシ

・木製サッシ

などと、種類や性能に差があるので、どのサッシを使っているのか?性能を担保するための計算数値や実際に施工している現場を確認することが重要です。

【ポイント⑤】換気システム

住宅に用いられる換気方法として、第1種換気(機械で給排気を行う)と第3種換気(排気は機械、給気は自然)の2つが主流となっています。
第3種換気が日本の住宅には最も多い換気方法となっていますが、高気密高断熱には不向きな方法ではあるので、
第1種換気システムを取り入れるようにしましょう。
また、熱交換器が付いているタイプを選択することをおすすめします。
快適な住環境をつくりだした温度の空気を外気によって崩されてしまっては、余計な光熱費がかかる元となるので、第1種換気と熱交換器はセットで取り入れるとよいでしょう。

 

冬の寒さ対策だけじゃない!その他のメリットも紹介

吹き抜けの上から覗く家族

結露も防げる

結露が発生するメカニズムは「室内外の温度差」にあります。
とくにお風呂場や玄関、キッチンなど水回りや外部に面している部屋などが結露が生じることが多い場所として言われていますが、外部に面する部屋でもしっかりとした高気密高断熱施工を施すことで発生の原因を抑えられますので、心配はいりません。

朝起きた瞬間から快適

高気密高断熱住宅は一日を通して温度差が少ない環境にすることができるので、特に冬場の夜間から朝方にかけての間も急激な温度低下を防ぐことが可能です。


エアコンでも十分快適な環境をつくりだすことは可能ですが、特におすすめなのは、OMソーラーなど自然の力を使った全館空調です。
寒い冬の日でも、前日の太陽熱で暖められた熱がじわじわと体の芯まで暖めてくれるので、エアコンの直接風があたるような不快なこともないので気持ちよく朝起きることができます。

OMソーラーのしくみ

OMソーラーのここちよさ

OMソーラーってお得なの?

健康寿命も伸ばす

日本の住宅は30年で価値がなくなると言われています。
しかし、高気密高断熱住宅のように性能が高い家は資産価値が高くなり、住宅寿命を伸ばすことができます。
また、住む人もヒートショック予防やストレスのない快適な家に住むことで病気になるリスクを減らすことができるので、家だけでなく人の健康寿命を伸ばすことができます。

 

冬も快適な高気密高断熱の注文住宅事例

空間工房LOHASは「高気密・高断熱・高換気」の3つを軸に、冬暖かく夏も過ごしやすい家づくりをしています。お年寄りから赤ちゃんまで過ごしやすいLOHASの施工事例の一部をご紹介いたします。

家の中快適室温で新鮮空気in富士市

家中あったかい高気密高断熱の家

その他の写真は施工事例

富士市の住宅街に建つ自然エネルギーを有効利用する「OMX」を取り入れ、太陽光発電もできる家。
24時間家の中を換気しているので、お料理をしても匂いがすぐに消え残らず、快適な温度をキープします。

[仕様]
OMX+発電
延床面積:158.16㎡(47.84坪)
UA値:0.5 w/㎡k
屋根:ガルバリウム剛葺き
軒裏:杉板貼り
外壁:ガルバリウム剛板+一部スタッコフレックス
床:1階、2階_富士ひのきフローリング
玄関ドア:リジェーロ杉板貼り
サッシ:SAMOS L

自然の力を上手に活かしたZEH(ゼロエネルギー住宅)の家in富士市

その他の写真は施工事例

空間工房LOHASが提唱するZEH住宅。自然の力を取り入れ、家の性能を高めることで省エネルギーで快適な暮らしを実現させます。
このお家もとても開放的で大きな吹き抜けがありながらも。OMソーラーの太陽で温めた空気での床暖房ともあいまって、快適にすごせる家となっています。

16坪の平屋の家in富士市

平屋

その他の写真は施工事例

終の住処を建てたい。北側に母屋があり、母屋にも光が入るような平屋の家です。
体が弱くなっても歩きやすいようにスロープや手すりでバリアフリーにし、光がよく入る大きな窓があるリビングで快適に過ごせるようにつくりました。長く健康に過ごせる高気密高断熱の小さな平屋です。

[仕様]
延床面積:52.17㎡(約15.75坪)
C値(隙間相当面積)0.37c㎡/㎡
Ua値 0.46 w/㎡k
屋根:ガルバリウム剛板
外壁:そとん壁
床:富士ひのき
澄家(24時間換気)
潜熱回収型給湯器
サッシ:LIXIL サーモスX  トリプルガラス

まとめ 

冬寒くない高気密高断熱住宅は、しっかりとポイントを抑えた対策を行うことで建てることが可能です。
失敗しないためには、事前に正しい知識を吸収し、信頼できる工務店の担当者に依頼をすることが大事なポイントです。

空間工房LOHASでは創業から「高気密・高断熱・高換気」の3つを軸に、北海道でも冬暖かい性能の家づくりを行なっています。
ZOOMやLINEでのオンライン相談、インスタグラムやYouTubeでの情報発信などしています!富士市周辺で快適な家づくりをご検討の方はお気軽にご相談ください。

 

■直接いらっしゃらなくても、ZOOMでのオンライン家造りも可能です。気軽に家造りの進め方や、移住者支援の補償のこと。土地選びまでご相談にのっています。→ ご予約はこちら

■ 何かお家のことで質問があれば、お気軽にLINEでご質問ください→ こちら

■ ロハスのYouTubeチャンネル「工務店おじさん」では、家づくりで後悔しないための情報や新築ルームツアーをUPしています→ こちら

チャンネル登録よろしくお願いします!

■ インスタグラム ロハスの家 暮らしの工夫 → こちら

—-

富士市富士宮市で住むほどに健康になる注文住宅・木の家をつくる工務店

空間工房LOHAS(ロハス)
静岡県富士市荒田島町8-16
TEL:0545-57-5571
FAX:0545-57-5576
Email:lohas@fork.ocn.ne.jp
HP:https://www.kobo-lohas.jp

家を建ててからかかるお金で、
後から後悔しない為に、最初に知っておいて欲しい事をまとめました。
お読みでない方はこちらからご覧いただけます↓

家づくりお金の話

今までで200棟住宅を建築してきたLOHAS社長の寺﨑が
「良い家造り」のために知っておくと必ず役に立つ話。
こちらから読んでみる↓

工務店社長のメールマガジン

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top 友だち追加
// ********************************** // venobox // **********************************