省エネルギーハウス

世界基準の低燃費の家 モデルハウス 分譲地でもウッドデッキの先は情緒ある雑木の庭の別世界

蒸し蒸しした日より、これからやってくる寒い冬。高物価も相まってエアコン代や電気代などの光熱費がどんどん高くなりますね。 あなたの家では日々、どのくらいのエネルギーを使っていますか? エアコン、扇風機、換気、お風呂、 私たちが日々分割払いしているエネルギーコストは意外と高いものです。 かといって、家の生活で使うためのエネルギーはなかなか削るのが難しいですね。

今回は、そんな困った燃費問題を解決する 世界基準で低燃費の「ローエナジービルディング」と呼ばれる 低燃費住宅が完成しました。

こちらのお宅を富士市で見学していただける機会です。 低燃費なのはもちろん、ガレージが2つあり、外壁に焼き杉を使ったり、 木製の大きなサッシを使ったり、「居心地」を重視した デザイン性にも力を入れたお宅となります。

ぜひ、体感しにお越し下さい。

一般的な120㎡ぐらいの戸建ての場合、 現在のエネルギー価格で計算すると平均年間25万円程の光熱費がかかります。 つまり、「一般的な家」を建てる場合 同時に25万円×30年間=750万円分のエネルギーを買うことになるのです。

一方、エネルギー消費量は従来の半分以下で済むこちらのような「低燃費な家」の場合は、将来のエネルギーコストは半分以下ですから30年間家に住むとおよそ350万円以上のエネルギー費用を浮かすことができるのです。 実際、こちらの家でもルームエアコン1台で冬でも20度を下回らない仕様です。

こんな低燃費住宅はこちらの方におすすめです。

世界基準のパッシブハウスに近い基準であるこちらの「ローエナジービルディング」

最高峰の基準を知っておくことで、自分の家になったときにどの基準が欲しいのかや そのためには何を取り入れればいいかがわかります。こちらの見学会はご予約がなくとも入れますが、ご予約いただくと担当者が説明しながらご案内いたします。ぜひ、ご予約でご見学下さい。

 モデルハウス 場所:富士市 時間:9月~2月まで 10:00~17:00 会場はご予約後ご案内致します。 お施主様のご厚意でおかりしています。 ※感染症対策を致しますが、 マスクの着用と体調の優れない方はお控え下さい。